貴戸奏太『そしてユリコは一人になった』あらすじ紹介!感想など

貴戸湊太
スポンサーリンク

そしてユリコは一人になった

貴戸湊太

 

作者プロフィール

 

2019年、学園ミステリ「ユリコは一人だけになった」で第18回『このミステリーがすごい!』大賞 U-NEXTカンテレ賞を受賞。2020年に投稿作を改稿した『そして、ユリコは一人になった』にて小説家デビュー。同年、三木市ゆかりの芸術家を支援する団体「若手アーティスト応援団」推薦対象に選ばれる。

貴戸湊太 – Wikipedia

 

 

貴戸湊太さんのデビュー作となった『そしてユリコは一人になった』

 

ここでは『そしてユリコは一人になった』に少しでも興味を持ってもらえるように、この本のあらすじや見どころ、読んだ感想などをお伝えしています!

 

 

 

 

①イヤミス  ⭐⭐⭐

②おススメ度 ⭐⭐⭐

③読みやすさ ⭐⭐⭐⭐

④面白さ   ⭐⭐⭐

⑤タイトルの意味  ⭐⭐⭐⭐⭐

 

 

スポンサーリンク

主な登場人物

・矢坂百合子(やさか ゆりこ) 

→百合ヶ原高校の1年生

ユリコ様候補の1人で、強制的にユリコ様争いに巻き込まれる

 

・嶋倉美月(しまくら みづき)

→百合ヶ原高校の1年生で百合子の小さい頃からの親友

ユリコ様伝説を信じておらず、オカルトだと言い放っている

 

・筒見友里子(つつみ ゆりこ)

→百合ヶ原高校の3年生

ユリコ様候補の1人で去年のユリコ様になった人物で周りに恐れられている

 

・由利小太郎(ゆり こたろう)

→百合ヶ原高校の2年生で背の低い小柄な男子、ユリコ様を崇拝する白百合の会のメンバーの1人

ユリコ様のおかげでいじめから助けられた過去がある

 

・岼子美咲(ゆりこ みさき)

→百合ヶ原高校の3年生で、ユリコ様を崇拝するメンバーの1人

骸骨のように痩せこけた女子

 

・高見沢友利(たかみざわ ゆり)

→百合ヶ原高校の教師で白百合の会の顧問

背が高い、30代半ばの男性

 

スポンサーリンク

あらすじ

→進学校の百合ヶ原高校はヶ、以前は女子高だった名残で、今も男子生徒より女子生徒が強い風潮がある。

この学校では、ユリコ様伝説が言い伝えられており、ユリコという名を持つ生徒は超常的な力で守られ、逆らうものには不幸が訪れる。

『ユリコ様』になれるのは、百合ヶ原ヶ高校に通う名前の読みが『ユリコ』である女子生徒たった一人。

百合ヶ原ヶ高校に『ユリコ』が複数在籍していた場合には、残りの一人になるまで『ユリコ』は転校や退学などで自然淘汰されていくという。

そんな中、新入生の矢坂百合子はその伝説を聞いて怯えるが、親友の美月にただのオカルトだとなだめられる。しかし、次々と『ユリコ』と名のつくものやユリコ様に楯突くものが屋上から転落したり、事故に遭ったり、不幸な出来事が連鎖していく。

『ユリコ』様を決める争いに巻き込まれた主人公が、親友と共に連続死の真相と伝説の謎に挑む様を描く学園ミステリー!!

 

 

🌟見どころ🌟

①U-NEXT・カンテレ賞受賞作品

→本書は2020年の第18回「このミステリーがすごい!』!大賞

においてなんと、役500もの応募作品の中から、U-NEXT・カンテレ賞に選ばれた作品となっています。

さらに、これが貴戸湊太さんのデビュー作品でもあるので、今後の作品に期待が高まります!

      

②作品がドラマ化

→本書が選ばれたU-NEXT・カンテレ賞とは文庫化と共に関西テレビが映像化したい1作品をドラマ化することになっており、2020年3月に玉城ティナさんが主演でドラマ化されています。

小説版とはまた一味違った『そしてユリコは一人になった』がU-NEXTで見れるので、2倍楽しめる作品となっています!

 

 

どんな人におススメか

→ミステリー作品が好きな人

→学園物の作品が好きな人

→ドラマ化された作品が好きな人

にオススメな作品だと思います!

 

 

読んだ感想

→学園ものの作品で学校生活が内容の話なので、とても読みやすい!

また、ユリコ様伝説という設定も今まで読んだことがなく、面白かった。

そして、なんといってもこの本の最大の魅力は『そしてユリコは一人になった』のこのタイトル! 物語の最後にタイトルと内容がリンクするのですが、鳥肌が立つくらい完璧でした😆

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました